株式会社MATCHA
日本の価値ある文化を時代とともに残す。

東京ミッドタウン・デザインハブ 10周年記念 第65回企画展 「東京デザインテン」に参加

東京ミッドタウン・デザインハブ 10周年記念 第65回企画展 「東京デザインテン」に参加

この度、訪日旅行者向けサイト「MATCHA(マッチャ)」(https://matcha-jp.com/jp)は、「東京デザインテン」に参加します。「東京デザインテン」は、東京ミッドタウン・デザインハブ10周年を記念して開催する、10年後の東京をデザインの視点から見通す企画展です。

■「東京デザインテン」の見方
「モノ」のデザインであれ、「コト」のデザインであれ、課題を解決することは、デザインに課された重要な役割ですが、その前にまず、課題そのものを見つけることも、また重要な役割です。
ですから、これからの東京をデザインしていくためには、まず東京の問題や課題を見つけることが必要です。私たちがまだ知らない東京を知ることこそが、これからの東京のデザインを考える第一歩なのです。
この展覧会は、東京を象徴する事象やテーマの中から10の「点」を選び、それぞれの断片(地域や施設)を展示しています。
これらの「点」は一見バラバラなようでいながら、10年後の東京のデザインを考える上で、お互いにつながっているかもしれません。この見えない関係性を見つけることが、デザインのはじめの一歩でもあるのです。
この展覧会をきっかけに、あなたの周りのいろいろな「点」を見つけ、つなぎ、自分なりの未来の東京をデザインしてみてください。
その延長に、「これからの東京」があります。

■「東京デザインテン」について
会 期 2017年4月14日(金)〜5月21日(日) 11:00-19:00
会 場 東京ミッドタウン・デザインハブ
入場料 無料
主 催 東京ミッドタウン・デザインハブ
会場デザイン・展示ディレクション:浅子佳英(タカバンスタジオ)
アートディレクション:野間真吾(NOMA Inc.)
写真:永井杏奈
展示什器デザイン・制作:甲斐貴大(studio arché)
協力:
東京2050 # 羽藤英二, 小林里瑳/ヤマトホールディングス株式会社/楽天株式会社/砂山太一/早稲田大学社会科学部 空間映像ゼミナール(佐藤洋一ゼミ)/築地魚市場銀鱗会/酒井輪業社/東京魚市場卸共同組合/桐生製車/ARAMAKI/まんまる◯/株式会社築地活字/Port B + Port 観光リサーチセンター/株式会社 MATCHA/青木弘司建築設計事務所/今村水紀+篠原勲/miCo./青井哲人+明治大学 建築史・建築論 研究室 ほか

■MATCHAについて
MATCHA(https://matcha-jp.com/jp)は、日本に来る外国人観光客向けのWebマガジンです。

MATCHAで大切にしているのは、”熱量”です。
決して、観光ガイドや口コミサイトを目指している訳ではありません。
一人一人が「ここはいい!人に伝えたい!」と思うものを書いています。
一人一人が実際にその場に行き、熱量を持って取り上げ
日本の価値のあるものを、その良さを世界中の人に伝えていくWebマガジンです。

詳細は(https://matcha-jp.com/jp)をご覧ください。

本件に関するお問い合わせ先
E-mail:sales@matcha-jp.com
担当者:カオ、大林